【トレーニングの常識を覆す!?】パーソナルトレーナー桂 浩史郎 氏!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

健康意識が高まっている時代ですが、あなたは?

平成14年8月に「健康増進法」が制定されました。
国民の健康維持と現代病予防を目的として制定された法律で、国民が生涯にわたって自らの健康状態を自覚するとともに健康の増進に努めなければならない事を規定、制定したもの。
国民の健康への意識改革が少しずつ行われ喫煙者人口減・ジョギング人口増!とのデータも実際に出ています。

参考★成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)よりhttp://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html

参考★笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」よりhttp://mag.onyourmark.jp/2012/12/news121228-2/40565

あきらかにひと昔と違って、健康な身体づくりについて意識が高まっている時代ですね。しかしながら・・・

「ジムに通っても、なかなか続かない」
「結果が全然でない」
「結果が出てもリバウンドしてしまった」

・・・と悩んでいる方が多いこのご時世。

そんな悩みを親身なって、解決へと導いてくれる「とある人物」を今回は取材させていただきました!!

「パーソナルトレーニング」ってどんなもの?

取材の場所はこちら「BODY HACKERS LAB」。日赤病院向かいにある専門スタジオ。
西鉄バス「日赤病院前」で下車。徒歩2分ほどです。

取材させていただいたその「とある人物」は、こちらの場所に常にいるわけではありません。マンツーマンからグループ指導まで、ジム・スタジオやオフィス・サロンでの出張など場所は、色々ありますのでHPでご確認ください。

【HP】http://www.body-innovation.net/

那の川の完全プライベートなスタジオ「BODY HACKERS LAB」はガラス張りとなっていて、清々しい開放感のある空間♡
わくわくしちゃいます。

こちらが「その人物」パーソナルトレーナーの桂 浩史郎 (かつら こうしろう) 氏!!

 

Body Innovationの代表であり、パーソナルトレーナー兼フィットネスモデル。フィットネスモデルとしては、肉体美を競うコンテスト日本大会に出場している他、福岡アジアコレクション、東京ガールズコレクションに出演している実力派!
経歴としては、パーソナルトレーニング専門スタジオや、介護予防運動施設に勤務するなどして、幅広い経験で技術を磨いてきました。
そして、《上質なフィットネスライフを通した自己実現と社会貢献への寄与》をモットーとして、現在は福岡だけでなく、なんと大阪や東京などでもパーソナルトレーナーとして活躍中。最近は特に美尻トレーニングの専門家として全国から受講者が殺到。桂(かつら)氏を必要とする人が、全国にいるんですね。

桂(かつら)氏は、従来のトレーニングイメージである「キツイことを実践する“ザ・筋トレ”」のイメージを変え、もっと身近で親しみやすくしたい!という思いから、このBody Innovationを立ち上げたそうです。

みなさんご存知でしたか?フィットネスジムに通ってトレーニングしている人の割合はアメリカでは15%を超えています。それに比べて、日本は3%に満たないくらいなんです!!
「私の周りの人、結構ジムに通ってるよ~」と思う方もいるでしょう。でも、ほとんどが幽霊部員だったり続かなかったり・・・。
そう、続かなくなるのが問題なんです。画一的なメニューはどうしてもみんな飽きてしまうので、個々に合わせたパーソナルトレーニングが必須となってくるわけです。
その”個々に合わせた”という意味が本当に奥が深いのです!

さてここで、博多美人会から今回の取材体験者をご紹介♪

アラフォー世代の美女♡有馬 なおこ氏!
身長163cm、体重49kg、スポーツ&トレーニング歴はほとんどなしですが、いたって健康体。
普段は、仕事帰りのウォーキング以外、ほとんど運動はしていないので、忙しい生活環境でトレーニングをいかに続けていけるかに興味があるそうです。

 

いよいよ、パーソナルトレーニングの開始

トレーニング場所によって設備や広さが異なるため内容も変わりますが、那の川のスタジオ「BODY HACKERS LAB」バージョンをご紹介!(また、人によりトレーニング内容も異なりますが参考にしてください♪)

カウンセリング(現状の確認)

今回はトレーニング2日前からの食事内容もきっちり報告済。
そして利用同意書と自己分析のためカウンセリング。健康状態(腰痛や骨折経験)、現在までの運動歴や生活習慣のチェックなどを細かく記載。

これ、結構大事なんです。自分では、忘れていた怪我や事故の経験などが、マイナス要素になっていることもあるので、その洗い出しの意味もあります。

『目標・目的の抽出を一緒に行う』
ダイエットがしたい、ゴルフのスコアを伸ばしたい、姿勢を直したいなどの明確な目的や目標がないと、人間はなかなか運動を続けることができません。その内面に隠れた、目標や目的を一緒に抽出し、優先順位をつける作業を行います。すると必然的に、なぜその問題が出てきているのかが分かってきます。

『ライフスタイルだけでなく、その人の性格に合わせて柔軟にプランを組んでいく』
もちろん、運動が続かなかった人には、うまくいかなかった原因を探して、そこを解決するための方法を考えてくれます。日本人で、トレーニングが続かないという人は、ほとんが「忙しくて運動する時間がない」といいます。フィットネスへ行く時間がないなら、目標達成のため、どんなことが自宅やオフィスでできるのかを考えてくれます。

パーソナルトレーナーの桂(かつら)氏は、高齢者なら高齢者に合ったメニュー、女性なら一番ニーズの高いシャイプアップメニューetc・・・と、その人だけのプランを組んでくれるため、効果が期待できるのです。

今回、なおこさんの場合は「下腹部が気になる」とのことだったので、そこに焦点を合わせた下腹部シャイプアップメニューを行うこととなりました。

「体型は生活習慣が変わると変化していきます。特に女性は出産や筋力の低下による体型の崩れが多いです。
“あのとき(昔)の体型がよかった”と思い出すことがあるなら、きっとその当時と現在とではかなりライフスタイルが変わっていることがほとんどです。」・・・と桂(かつら)氏。

・・・・ギクッ・・・Σ(|||▽||| )
”昔は痩せてたのよー”と過去の栄光をよくクチにしている自分に気づき、恥ずかしくなる取材陣。笑

 

下半身の筋肉は20代をピークに急激に衰えるので、スタイル維持の為にも健康の為にも女性は特に下半身のトレーニングはした方が良いのだそうです。

ウォームアップ(準備運動)

今回は、エルゴメーターを使いました。これは見た通りの自転車こぎになりますが、ギアを変えるように負荷量を変えることができるマシンです。まずは、体を温める目的で心拍数120まで上げていきます。
軽い坂道を速めにこいでる感じで、少し息が上がるくらいの感じです。

ストレッチ(可動域の改善)

今回は、ストレッチポールを使用した準備体操になります。
ストレッチポールは、安いものだと1500円くらいで手に入るので、自宅でのエクササイズにも最適♡柔らかさや振動つきなど様々なタイプが売られています。
太ももの外側、脇下などを中心に伸ばしていくと・・・

なおこ氏「いたーーーーーぁい!!」

この痛みは、筋膜の硬さからきているそうです。
筋膜とは、今注目されている組織のこと。全身の筋肉を包むように張り巡らされた膜みたいなもので、この膜が歪んでいたり、硬くなると痛みがでてくるそうです!

このように、肩を引っ張られると腕が上がりづらくなるイメージです。
これが原因となり、腰や足に痛みがでます。
筋膜や筋肉が硬いままでスポーツやジョギングなどを行うと、余計に痛めてしまったりと危険!!
なのでしっかりと運動前にストレッチをして、柔らかくしておく必要があるんですね。

一度運動の前に、両手を挙げてみて、腕の重さや左右上下上がり具合、バランスの違いに自分で気づくこともとっても大事なことです。

「身体は一般的トレーニングのイメージである“リキませる”ものではありません。まずは“緩ませる”ことが大切なのです。そうすることにより、効率的に体や筋肉を動かせるようになります。
トレーニングはがむしゃらに負荷をかければいいってものではないのです。トレーニングに対するイメージを正しいものに変えたいと思っています。」・・・と、桂(かつら)氏。

筋肉や筋膜は、使わなくなったらどうしても固くなるので、柔軟運動は日常的な歯磨きくらいの意識でおこなったほうがいいそう。
太もも裏、肩甲骨、背部を効率よくストレッチする方法、両ふくらはぎ裏のストレッチを教えていただきました!

時間がなく、あまりトレーニングができなくても、ストレッチポールを使ったセルフストレッチを家で行うことで、トレーニングの効果は見違えるものになるそうなので、実践するべきですね♡

コンディショニング(姿勢、呼吸の改善)

なおこ氏の場合、PCを使用するデスクワークのせいで、肩が内側に入り猫背状態になっている、とのこと。
そのせいで、腰にも負担がかかり、さらには首を突き出すことでバランスを保っているため、肩こり、腰痛を引き起こす原因の1つになっています。

トレーニングは、姿勢がいいことが前提であり条件!
ストレッチポールを使って、姿勢改善ストレッチをやってみよう♡ ↓↓↓

①しっかりと頭部〜お尻を乗せて、下腹部に力を入れた胸式呼吸を意識します。
②胸を開くようにすることで、肩甲骨を寄せていきます。(※手は上向きなのがコツ!下にすると背中まで曲がってしまいます。)
③この状態で手で床に円を描くように、動かしていきます。
また、この状態で深呼吸をするだけでも効果大♪

肩甲骨まわりが固い人は、筋トレ前にほぐすことが重要。

あの、イチロー選手もストレッチポールを何年も前から愛用しているそうです!
19:00開始の試合の場合、通常17:00に来ればOKのところ、13:00には来ていて準備のための準備(ストレッチ)をしているイチロー。
そのくらい、パフォーマンスを上げるためにはストレッチは重要なことなんですね。

体幹トレーニング(安定性、可動性の改善)

すでに、ストレッチポールを使った呼吸法でも体幹のコアトレーニングは始まっています。それに加えて、日常使わないカラダの背面の筋群を使ったエクササイズを行います。

①胸を開くように手を置き
②両足で地面を踏みつけるように、お尻を持ち上げます。
③しっかりと胸〜膝までが一直線になるのが正解です。

太もも裏、お尻から背筋を使うと同時に、胸や肩を開きストレッチします。綺麗なカラダ作りは、綺麗な姿勢と動作が基本。エクササイズの中で自分が普段気付かない安定性、可動性が不足している箇所に気付く事が重要です。
なおこ氏はいつも首に負担がかかっているため「首が痛い〜!!」と言っていました。

下半身トレーニング(毎日自宅でできるトレーニング)

ミニバンド(ゴム製品)を使用した負荷トレーニング。
これは、日常なかなか使わないお尻の外側を鍛えます。腹筋がないとぐらついたりします。

トレーニング工程は、パーソナルトレーナーのかつら氏が、実際にやりながらその人に合わせた内容にどんどん修正していきます。

なおこ氏は、運動をやっていくうちに”骨盤が後ろにいきやすい”、”お腹の筋肉が弱いので、足の先端に力が入りやすい”ことが分かりました。
無理をすると、関節への負担が大きくなってしまうので、膝を曲げて負荷量を減らすなど、動作に変化をつけていきます。
桂(かつら)氏は、細かい変化や痛みのある場所など、その人と対話しながらトレーニング内容を考えます。

思いやりのあるトレーニングですね!
・・・なんだか「キツイ」「無理やりさせられる」というイメージが覆される!!

横向きから体を持ち上げる下肢と体幹のトレーニングは、なかなか体を持ち上げるもの大変。
しっかり鏡を見ながら、どこを意識するのか厳しくも優しく指導してくれます。

家でもできる♡椅子をつかったトレーニング!
重力に逆らえない、ヒップのたるみを改善できます。

ちょっとした足の上げ方や身体の位置で、鍛えられる場所がかわってしまうので、細かく修正が入ります。
これこそが、マンツーマン指導の良さですよね。
その人の性格や悩み、動きの特徴や細かい変化などに合わせて丁寧に教えてくださいます♡
なんて、ありがたい!!

身体と会話してますか??

「トレーニングももちろんですが、健康は普段から身体との会話が大事です。
一週間は168時間です。そのうち、トレーニングなどで1時間身体を動かしたとしても、残りの167時間何もしなければ、なかなか結果はでません。

トレーナーは教えるのが仕事です。しかし、運動の仕方や、どんな食事をしたら良いのかを教えて、実践するのは自分自身です。ですから、姿勢も食事も自分で意識してすることが大切になります。」と、桂(かつら)氏。

普段は、トレーニング前にカフェなどで、1時間ほどのカウンセリングを行うようにしているそう。
その会話から、その人のタイプや想いも含めて見てから、トレーニングメニューを考えている、とのこと。

「パーソナルトレーニングのいいところは、運動だけでなく、食事などの栄養面の管理もサポートできることです。運動はするけど、糖質が多いものや油分ばかり取っていては意味がありません。誰かが見ていると思うと、なんとなく食事も意識しますよね。それが、パーソナルトレーナーのいいところです。」

ごもっとも・・・。
確かに、一生懸命パーソナルトレーニングをしていただき、自分も頑張ったのに、そのあと”お疲れ様ビールのがぶ飲み”とかしてしまったら意味がないですもんね!!
食事面も管理・サポートしていただけるのは、一人じゃなくて一緒に頑張ってくれている人がいる!という心の支えにもなるのでポジティブに努力ができます!

パーソナルトレーナーの桂(かつら)氏「フィットネス」への誤解を解き、イメージを変えたい!という熱い想いを抱いていらっしゃいます。

鍛えることが好きでガンガン力任せにやっている人もいますが、いつか無理がたたって身体を傷つけたり壊したりしてしまうひとが多いそう。大事なのは、 “きれいな姿勢”をベースとすること。そこに、正しいトレーニングで柔軟性のある筋肉を乗せていくイメージなんですね。

桂(かつら)氏は言います。
「日本人女性は、筋肉やトレーニングに対してマイナスなイメージを持っている方が多いです。しかし、重力下でメリハリのあるスタイルや綺麗な姿勢を保ち、長く健康な人生を歩むにも全身の約600の筋肉は全てが重要です。
してダイエットに関しても食事だけで痩せても運動をしなければ、肝心な筋肉が成長する事はありません。モチロン、女性がムキムキになる心配はありません(笑)。
人の体力の低下は自分が思う以上に早いです。何も運動をしていない方は、まず出来る事から初めてみる事をオススメします。」

一般的なイメージの「トレーニング=ムキムキマッチョマンの筋力トレーニング」ではなく、より良い身体作りには個人差や目的別考慮した全体のバランスと順序が重要です。

だからこそ、パーソナルトレーニングが有効なんですね!

バランスの悪いトレーニングは有効ではありません! ↓ ↓ ↓

 

「”フィットネスは、もっと楽しんで行うことができるもの”という新しいイメージに変えていきたい!」

そう瞳を輝かせながら語る姿が、とても素敵でした。

パーソナルトレーニングを受けてみての感想

なおこ 氏

今回この様な機会を頂き、久しぶりに運動しました。
最初はムキムキなコーシロウさんからのご指導と伺いハードな運動なのかなと思っていたけど、先ずは体を温めて体ほぐしからスタートしたので以外でした。

ストレッチが本当に大事なんだなぁと感じましたねー。
一流選手や筋肉の事を分かってる方はストレッチを大事にしている事がわかり、
コーシロウさんが説明しながら指導して下さったのでより良く納得出来ました。

ジムに通う時間が無くても、自宅でも出来るストレッチや、プチトレーニング等も教えて頂き、本当に良かったです♡コーシロウさんありがとうございました。ヽ(●^▽^●)ノ

■Infomation

Body Innovation

●事務所: 福岡市中央区桜坂
●koshiro.katsura@gmail.com
●FAX: 092-716-7780
http://www.body-innovation.net/

出張トレーニングに出ていることが多いため、ご連絡はメールまたはホームページのお問い合わせへお願いします。

※これは2017年3月時点の情報です。
※パーソナルトレーニングは特に個人の特徴でトレーニングメニューを変えていますので記事内容が全てではありません。詳細は直接お電話にてお問合せください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る